いぼは手術でなくせる【最適な方法を選択する】

皮膚科と美容整形外科

女医と看護師

活用目的の違い

いぼの治療をしたい場合は何科に通院すればよいのかという声も多いですが、代表的なものとして皮膚科と美容整形外科があります。その違いは簡単に表現すると保険診療が適用されるか否かの違いになります。皮膚科では保険診療として液体窒素による凍結術や電気メス、そして手術が苦手な方に対しては漢方による服薬療法があります。ウイルス性に対しては炭酸ガスレーザーによる治療もあり、施術の選択肢は広いです。保険診療なので3割負担としても2000円程で、レーザーが保険適用な場合も5000円程で受ける事ができます。美容整形外科は保険診療の適用外で炭酸ガスレーザーや最近ではYAGレーザーというものを使用して治療します。同じ炭酸ガスレーザーでもウイルス性でも加齢性でも関係なく自費なので使用できます。一番大きな違いは美容整形外科では見た目を改善する事を目的としたクリニックであり、傷跡が目立ったり残ったりすることがない様に最適な方法を提案してくれます。費用は部位や数によりますが、平均で10000円から20000円程になります。どちらもいぼを改善する事ができるのですが、手術跡を残したくない方は美容整形外科を選択しています。部位や目的によって双方を利用する方もいます。いぼの除去手術を受ける場合、その除去が治療になるのが一般的です。しかし美容整形外科で治療を受ける場合はいぼの除去と手術跡も治療の範囲に含まれる違いがあります。皮膚のトラブルを治療するだけでなく見た目を重視し、いかに綺麗にするかを考える特徴があります。その為、特に女性が治療の際には選択されています。美容整形外科では基本的に自費診療になり、手術費用は保険適用の方法よりも当然高くなります。その費用に見合う様にクリニックでは悩みに対して向き合う姿勢があります。カウンセリングで悩みや希望を聞き、予算に合う施術方法やケア方法を提案してくれます。これが一般的な病院とは違う点です。病を治すだけではなく、それに伴う悩みを解消するサービスが美容整形外科の最大のメリットです。美容整形外科で手術を受ける場合の流れは病院受診とほとんど同じです。しかしカウンセリングがあり、その際説明を聞いてすぐに答えを出す必要もありません。持ち帰って検討したり、勿論他のクリニックを検討したりしても良いのです。いくつかのカウンセリングを受けて美容整形外科を決める方もいるほど、選択の自由が患者にあります。気軽に相談し悩みを希望に沿って解決に導いてくれる姿勢が、自費診療ならではのサービスと言えます。

Copyright© 2018 いぼは手術でなくせる【最適な方法を選択する】 All Rights Reserved.