いぼは手術でなくせる【最適な方法を選択する】

知っておく事で安心する事

男性医師

選択に迷う方に

美容整形外科は美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す場所です。二重や皮膚のたるみなどのコンプレックスの改善を、医療技術で達成する医療機関ですが、いぼの除去手術もこのコンプレックス改善や見た目改善に該当し、多くの方が利用されています。いぼの除去方法は色々ありますが、液体窒素で原因であるウイルスを死滅させたり電気メスで切除したりする方法が一般的に行われます。状態によって施術内容は異なるのですが、基本的に取り除くことや、取り除いた後の皮膚の回復には時間が必要です。時間経過により手術跡が元通りになるとしても、その間は赤みやかさぶたなど見た目は悪くなります。この様な期間を短縮し、切除してもすぐに日常生活に支障も気にもせず生活が送れる様に綺麗に仕上げてもらう事が望ましいです。美容整形外科では除去した後も気にせず生活が送れる様に、肌に負担がかからない方法で施術を行ってくれます。またカウンセリングを必ず行い、希望に沿った治療を提案してくれます。ただいぼを除去するだけの目的だけでなく、除去する事により見た目も改善する事を目的としているので、女性の方にとって推奨されている選択資です。利用方法は他の医療機関の受診方法と変わらず、カウンセリングだけ受ける事も可能です。美容整形外科でいぼの切除手術を受ける場合、最も多い方法がレーザーです。レーザーは皮膚科でも受けられますが、美容整形外科ではいぼ以外でもレーザーを扱う症例も多いので、技術力も信頼感も高い特徴があります。レーザー手術で主流なのが炭酸ガスレーザーであり、赤外線の一種で皮膚の水分に反応して熱エネルギーに変換されます。施術時には麻酔を塗布するので痛みや熱いと感じる事はほとんどなく、肌への負担も少ないので治療後からメイクする事も可能です。ポイントに照射し組織を限局的に蒸発させる方法であり、傷跡が非常に残り難い性質があります。同じ位使用されているYAGレーザーというもので、近年ではこちらを主流にしている美容整形外科も増えています。炭酸ガスレーザーよりも痛みが少なくより短時間で終了できる特徴があります。水分への吸収率も高く、その為発熱による痛みも少ないです。照射後の傷の治りも早く、より綺麗な仕上がりが期待できます。これら2種類のレーザーを状態や希望に合わせて使い分けている美容整形外科が多くなっています。施術前には必ずカウンセリングがあり、それぞれの特徴や予後について説明を受けて、納得してから受けられます。また万一再発した場合も半年間程無料保証がついている場合がほとんどです。

Copyright© 2018 いぼは手術でなくせる【最適な方法を選択する】 All Rights Reserved.