いぼは手術でなくせる【最適な方法を選択する】

いぼは手術でなくせる【最適な方法を選択する】

女医と看護師

皮膚科と美容整形外科

いぼの除去手術は皮膚科や美容整形外科で受けられます。違いは保険で原因を治療するか、保険外で原因と悩みを改善するかにあります。自費診療ならではの患者目線で、美容目的で最適な治療及び改善方法の提案を受けられます。

詳しく見る

男性医師

知っておく事で安心する事

いぼの除去手術は皮膚科や形成外科等で受ける事ができますが、仕上がりを気にする方は美容整形外科が適しています。美容整形外科では美的改善を目的としている場所であり、より傷跡の事に着目した治療の提案を受けられます。

詳しく見る

顔に触れる女性

美容目的で施術を受ける

いぼは命の危険を伴うようなものではありませんが、美容目的で手術を受けることもできます。その場合には皮膚科と美容整形外科のどちらでも手術が受けられますが、傷跡を残したくないのであれば美容整形外科がおすすめです。

詳しく見る

診察

病院か美容整形で行うか

いぼを除去手術する場合はどの医療機関で行うか、一番適した除去方法をよく考えてから行うと良いでしょう。顔などの目立つ部分は皮膚科で行うよりも美容整形外科でレーザー除去した方が見た目も綺麗に仕上がります。

詳しく見る

アフターケアが大事

後ろ姿の女性

紫外線から守ろう

いぼ手術にはいくつか方法があり、例えばレーザー治療の場合は施術した直後から日常生活をおくることが可能です。手術する場合は抜糸するまで傷口を絆創膏で保護したり毎日消毒する必要があるので、入浴したり髭剃りを控える必要があります。レーザー治療や手術の場合、施術した部位に紫外線があたるとシミができることがあるので注意が必要です。特に患部の赤みがきちんと引くまで紫外線ケアをする必要があり、日焼け止めクリームを塗ることになるでしょう。入浴に関してはレーザー治療の場合は施術した直後から利用することができます。手術した場合は抜糸が済むまでお風呂に入ることはやめておいた方が良いです。消毒のための何度か通院することになるので、スケジュールをあらかじめ把握しておくことをおすすめします。レーザー治療は無痛ですが、手術する場合は局所麻酔を行うので、痛みをほとんど感じずに済みます。麻酔の効果が切れて来ると少し痛みを感じますが、鎮痛剤を処方してくれます。いぼはウイルス感染や皮膚表面などが変化してできるものが多く、1mmぐらいの大きさから1cmぐらいのサイズのものもあります。稀に悪性のものがあるので一度医師に診てもらう方が良いでしょう。いぼ手術を受けるクリニック選びのコツは、カウンセリングを利用して信頼できる医師かどうか見極めることがあげられます。通常施術を受ける前に医師とのカウンセリングを受けることができ、良い医師なら自分の症状に合った施術を提案することが可能です。カウンセリングにおいて医師との信頼関係を築くことが重要で、施術方法や費用・アフターケアなどに関してしっかり聞いてみると良いでしょう。事前に相場を調べておいたり、クリニックの公式サイトをチェックしておいたりすることも忘れないようにします。具体的な方法やアフターケアのスケジュールに関して医師と相談することをおすすめします。いぼの手術にはレーザーを使ったり切開したりするなどの方法があるので、傷跡をなるべく残さないような最適な方法を選択すると良いでしょう。クリニックによって保健が適用されたり自由診療になったりすることがあるので、事前に見積もってもらうと安心です。1つにつきいくらだったり、1回の施術についていくらのような料金設定の場合もあるでしょう。手術にはそれぞれメリットやデメリットがあるのできちんと説明を受けることにします。患者一人ひとりにきちんと向き合い、適切な手術プランを提案してくれるのが良い医師の条件です。

Copyright© 2018 いぼは手術でなくせる【最適な方法を選択する】 All Rights Reserved.